記事一覧

葬式事件

私の夫はお人好しだった。
自分が友達と思えば私の気持ちを無視してまでも
友人を優先する。
そのことを思い知った出来事を書き込みたいと思う。
今から24年前(1994年)主人と同棲した頃のことだった。
(当時、私は26歳・主人39歳)
主人には仲の良い3兄弟がいた。
長男Sさん、次男Kさん、三男Oさん(以下、イニシャルにさん付け)だ。
昔、主人はSさんの奥さんの妹と見合いをしたが、
断られたことでトラブり、仲直りして友達になったらしい。三兄弟は近くに住んでいた。
特に主人はKさんの家族と仲良くしていて
Kさんが事故を起こして被害者を死なせ、精神的に参っていた時に毎晩鍋の材料を買ってきてKさん一家(妻(以下、K妻と子供3人)のところに差し入れをしていたそうだ。
私と同棲した時、最初にKさんやK妻を紹介されたが、どうも私を無視して主人と話し込んでる感じがした。(K妻は24年前の時点で40歳)
主人もK妻とお前は気が合わん!と分かっていたにもかかわらずしょっちゅう私を連れて離婚寸前だったK妻のところに行ってた。
K妻は私のことを無視するから嫌だったけど、主人に連れられて行くのだからどうしようもなかった。
そんなある時、Oさんが自らの手で命を経った。
借金苦だった。
私は行く必要もないと思うから行きたくなかったが
主人がお前も来い!というので仕方なくついていった。
私達はKさんK妻の友人ということで参列したが
K妻はわたしがとなりに座っているにもかかわらずいつものように無視をした。
主人は主人で自分の知り合いとしゃべってばかり
帰りたかったがお金を主人が持っていたので帰れなかった。
こっちは来たくもない葬式に来てやったのにと思い葬式の会食の時にはしゃいでしまった。
しばらくして、主人がみんなの前で私の頭を平手で叩いた。
"お前はなんてことをしてくれたんだ!Oの遺影に謝れ!Oの嫁に謝れ〜!"と怒鳴った。
そんな主人に三兄弟のお母さん(K妻の姑、K妻が何にもしないことを常々ぼやいていたらしい。)
が主人に
"もうええ、もうええ!"と止めてくれたが主人は無視して私にOの遺影の前に連れて行った。
私は謝った。Oさんの遺影、Oさんの妻のHさんに。
そして、会場を後にして近くに住む知り合いの家にお邪魔した。
しばらく、お邪魔した後K妻と合流した。
K妻は私に
"あんたのせいで私が怒られたでしょ!"とキレていた。
私は無視した。
家に帰ると主人はぐじぐじ言ってた。
私ははしゃいだことは悪かったと思うが、K妻が何にも私に構わなかったのが気にいらなかった。ベタベタしなくてもいいから
ジュースの一杯くらいついで
ごめんね。遠いのに来てもらって(大阪の北と南)くらい言ってくれてもいいと思ったから。
その一言も言えない人なんて友達と思いたくなかった。
その後、K妻は私達の結婚披露宴に出席すると言ってたのに長男の学校のイベントで行けなくなったと前日の晩になってしかも主人が出欠確認の電話を入れた時にドタキャンしてきた。
学校のイベントなんて何週間も前にわかるだろうによほど、Oさんの葬式の時のことが頭にきたんかな?と思ってた。主人もしゃあないなあという感じだった。
そのくせ、前日にギックリ腰になり欠席した別の友人には
"なんであいつはこんな時にギックリ腰になるねん!"とぶつぶつ文句を言ってた。
ギックリ腰なんて好きでなるわけないのになんで文句を言うのよ!
K妻のドタキャンの方がタチ悪いやろ!と言いたかったがそんなことを言えば
"K妻のことが気に入らないからって文句を言うな!"と言われるだけだから黙っていた。
主人のお人好しはこれで終わらなくて
ご丁寧にKさんと別居状態になったK妻の愚痴を電話代こっちもちで月に一回聞いてあげてた。
そのうち、こっちが引っ越したり子供ができたりして1年くらいK妻に電話をかけなくなった。
子供ができた報告をするため久しぶりにK妻に電話をかけた。(これが1997年。ここ重要!)
K妻は相変わらずと言った感じだった。当時10歳だった末娘が20歳になるまでは離婚しないと言っていたので別居状態が続いていると私達夫婦は思っていた。主人は生まれたばかりの娘の自慢をしていた。
それから3年経った2000年。私達親子は主人の実家のある愛媛県に移住することになりご無沙汰している友人に報告をした。
この時、主人はなぜかK妻ではなくKさんに電話をかけた。
Kさんは
"俺、4年前(1996年)にK妻と離婚した"
と言ったらしい。
私は呆れた。
主人が娘自慢の電話をかけた時にはすでに離婚していたのだ!
本来なら愚痴を聞いてあげた主人に離婚の報告を真っ先にし、愚痴を聞いてくれてありがとうとか言うのが筋なのにそんなことを一切言わないなんて!
私がOさんの葬式の時にはしゃいで親戚から怒られたことを根に持ってるにしても酷すぎる!
このことといい、ドタキャンのことといい、私の非常識を咎めるのなら自分がちゃんとすべきだと思う私は間違っているのだろうか?
それ以来、KさんやK妻とは一切関わっていない。
主人はKさんとたまに連絡してたみたいだが。
いろんな方にこの話をした。
女性は9割9分9厘K妻が悪いといい、葬式事件と命名してくれた人もいた。(それ以来、この事件を葬式事件と言うふうにしている)
男性は半々で主人が私に対して暴力を振るったことを批判する意見と私がはしゃいだことが悪いという意見に別れた。
長い話ですが、感想をお聞かせいただきたい。








    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ABENOYASHABEL

    Author:ABENOYASHABEL
    4年前から無職でやりたかったことをやってます。

    貯金が底をつく状態なのでいろいろ悩んでいます。

    断捨離、演劇、旅行、節約、紅茶がすきです。

    そんな私のいろいろを書き込んでいます。

    ぜひ、読んでやってくださいませ。