記事一覧

芸術

同じ演劇教室に通う
田畑智子似のOさんから
ご自身が通う絵画教室の展覧会の案内をいただいた。
会場はなんばグランド花月の近くにある
美術用品を扱うお店の3階。
以前、同じ演劇教室に通っていた
タカアンドトシのトシ似のSさんが通っている絵本教室の展覧会で2回行ってるのですぐにわかった。
残念ながら今回Oさんは出展されてないのだが
案内をいただいた翌日
用事を済ませて見に行った。
私は全く絵心がなく
想像力もないため
自分の想いを絵にしてみようなるテーマの時は
雑と貧相と幼児が書いたような
ほんまにお粗末な絵画しか書けない。
だから、イラストレーターの方や画家という人々が羨ましくてならない。
しかも、絵画か写真かわからないレベルの絵が描ける人なんてわたしから見たら
神!でしかない。
いろんな絵を見ていたら
乳房の下にナイフが置かれている絵があった。
(決して刺さっているのではない)
タイトルは忘れたが
なんか心にナイフを持ってる感じがした。
私がじっとその絵を見ていたら
声をかけてきた女性がいた。
その絵を描かれた方だった。(以下、作者さん)
作者さんは言いたいことが言えなくていつも心に溜めてるとのこと。それで書いたのが乳房の下にナイフを置いた絵だった。
私は喋りなので割と言いたいことは言う方だと思うが
言ってもわからないと思うともう何にも言えなくなる。
言っても無駄というか。
そして、その人の陰口を叩いてしまうこともある。
一昨年の暮れにも私が演劇をしてることを
お金にもならないのに演劇なんかやって馬鹿なんじゃないの?暴言を吐いたり
私が頼りにしている人に対して
あんたは○○さんに騙されてると言いながら
私に無理矢理馬鹿高い火災保険の契約をさせたYさんと絶交した。
そんなことを話したら、作者さんは
演劇だって、絵画だって、芸術です!
芸術をやってる人間を馬鹿にする人は許せません!
と言ってくれた。
演劇も絵画も芸術。
やることは違うが表現することは同じ。ともおっしゃってた。
初めてお会いする人にそんなことを言っていただいてありがたかった。
Yさんは画家になりたい夢を家族のために諦めたという。
もしも、Yさんが絵画をしていたら
作者さんと同じことを思うのかな?
とか答えの出ない疑問が湧いた。
芸術は心の汚れを落としてくれるのだと思う。
その証拠に私は芸術を貶す彼女とサヨナラしたあと
演劇やってたよ!って人や作者さんのような芸術を愛することに誇りを持つ人に出会えたのだから。





    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ABENOYASHABEL

    Author:ABENOYASHABEL
    4年前から無職でやりたかったことをやってます。

    貯金が底をつく状態なのでいろいろ悩んでいます。

    断捨離、演劇、旅行、節約、紅茶がすきです。

    そんな私のいろいろを書き込んでいます。

    ぜひ、読んでやってくださいませ。