FC2ブログ

記事一覧

私が仕事をしたくなかった理由

私はわがままなんだと思う。
思い込みも激しいとも思う。
主人が胃がんになり、給付金が生命保険から出た。
しかし、それでは足りないと主人が死亡した後にもらえる保険金から前借りをすることを決めた。
一年八ヶ月の闘病の末、2007年3月24日に主人は亡くなった。51歳だった。
死亡した後、10年間は一年あたり120万円もらえるはずだったのがその前借りのおかげでもらえなくなった。
主人の生命保険料は46歳で加入したから月々36692円だった。
しかも、月収17万。
その上、何だかんだで出費がある。
娘の学費、主人の小遣い、田舎暮らしだったからいろいろと物入り(車2台の維持費とか)
それだけではない。
主人は金遣いが荒かった。
私が頑張って節約しても主人の交際費に消える。(しかも主人は外ヅラがいい人だった)
そんなこんなで支払ってきた生命保険料だ。
もらえなかった分損した気分になった。
一年あたり120万円もらえてたらと思うと悔しくてならなかった。
その上、家計が足りないからと仕事を始めたら、
近くに住む母から
家に娘一人にするなんてと文句を言われた。
その一言が主人に対する恨みになった。
あんなことさえしなければ、私は仕事しなくて済んだのに!と
その上、職場の人間関係でストレスをかかえ(前回のブログにも書いたのでそちらを読んでね。)
不労所得をもらうようになり、
余計に
仕事なんてしたくない!
人間と関わらずに稼ぎたい!
主人にはさんざん苦しめられたんだから、元を取ろうと思った。
それが私が仕事をしたくなかった理由です。
浅はかな奴だという批判は甘んじてお受けします。
生命保険から金がもらえるだけでもラッキーやん!と思う方もいらっしゃると思います。
だから、最近は主人に対して感謝しています。
その感謝の意味を込めて仕事を探します。
最後までお読みくださいましてありがとうございます😊
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あべのやしゃべる

Author:あべのやしゃべる
4年前から無職でやりたかったことをやってます。

断捨離、演劇、旅行、節約、紅茶がすきです。

そんな私のいろいろを書き込んでいます。

ぜひ、読んでやってくださいませ。